サイト紹介

保育園の外観

お子さんが生まれたという方、おめでとうございます。 早速ですがお子さんを預ける先は決まっていますか? もちろん、自宅でゆっくり子育てをしていただくのがお子さんにとっては一番良いことです。しかし、仕事に行かなければならなかったり、病気等で保育を十分にできない理由などがある場合には、お子さんを預ける場所が必要ですよね? 近くに頼れる家族などがいるのであればその方を頼るという方法もあるかもしれませんが、それでは家族の方の負担が大きくなってしまいます。 乳児期から預けたいのであれば保育園へお子さんを通わせることを考えますよね。 しかしご存知の方も多いかと思いますが、待機児童問題がなかなか解消されず、お子さんを預けたくても預けられない家庭が増えています。 それを切り抜けるためにも、早めの行動が大事です。保育園はお子さんの生まれる時期にもよりますが、妊娠中から保育園探しを始めておられる方も多くおられます。 保育園探しを始めている方も、まだの方も、その選び方が分からず困っておられる方も多いのではないでしょうか? そんな方のためにこの『大阪保育園ガイダンス』では大阪府内にある保育園を紹介していきます。保育園選びの判断材料にもなる、園の特色にも触れていきますので、参考にしてみてください。 大阪で子供も遊びが楽しめるレストランをお探しならコチラ!遊具が沢山用意されているのでお子さんを退屈させずにお食事が楽しめますよ。


保育園選びのポイント

保育園へお子さんを預けようと思うけれど、どのように保育園を選べばいいか…。 そんな風に悩んでおられる方も少なくないかと思いますので、今回は保育園選びのポイントをいくつか紹介します。保育園選びの参考にしてもらえたらいいかと思います。 保育園の場所 基本的には居住地の近くにされる方が多いと思います。入所の審査においても居住地区の方が通りやすく、市によっては市外からの申し込みを認めていないケースもあります。しおかし、勤務地の近くの保育園という場合には居住地区外の申し込みでも認められています。 送迎には近所の方が楽ですが、勤務時間が長い場合などには勤務地近くの方が便利だったりしますね。 預けたい時期 多くの保育園では受け入れ可能な年齢は満6ヶ月~ですが、保育園によっては既に定員に空きがなく受け入れていない学年(年齢)もあります。 受け入れてもらえる年齢からすぐにでも、仕事に復職するまでに、キリよく4月から…などそれぞれ預けたい時期は異なると思いますが、いつから預けるにしても事前に行動する必要があります。 また定員に空きがあっても人数が少なく倍率が高くなることもありますので、比較的入りやすい0歳児から預ける方が多いです。人気の園の場合は、入所のしやすさで入所時期を検討する必要もあるかもしれません。 保育園での活動 普段の活動、遠足などの行事など子ども達が楽しめるものであるか、保育方針や保育士の関わりなども気になるものです。多くは保育園への見学で、実際に見ることもできますし、市質問することもできます。園のホームページからでは伝わりきらないでしょうから、園見学はぜひしてください。 費用 保育料は管轄する市がそれぞれ、家庭の収入に合わせて決定しているので差はありませんが、その他に入園金、制服や用品の購入費用、課外活動費なども必要になってきます。費用面に心配がある方は、ホームページ等を参考にするか園に問い合わせて納得してから決定しましょう。



ドレミ保育園

ドレミ保育園

堺市にある、(幼保連携型)認定子ども園“ドレミ保育園”。 定員90名、0・1歳児は合同、2歳児~5歳児は各学年1クラスずつで保育を行っています。1クラス10名~10数名の少人数なので、しっかり関わってもらいたいと考えているご家庭にはピッタリですね。

Read more

中津保育園

中津保育園

大阪市北区、中津駅の近くにある“中津保育園”。 定員143名、本園で1歳児~5歳児、分園で0・1歳児の保育がされています。 中津保育園の特色として挙げられるのは地域交流や障がい児保育にも積極的に取り組んでいるところでしょう。

Read more

大阪信愛保育園

大阪信愛保育園

大阪市城東区にあるカトリック教の“大阪信愛保育園”。 定員は30名の、6ヶ月~2歳児(満3歳の3月まで)の乳児が対象の保育園です。そのため3歳児以降の保育も引き続き希望する場合には、信愛幼稚園への入園手続きが必要です。

Read more